エニスル よくあるご質問 FAQ 6 解像度と保存ファイル容量の関係  
     
  「6」
質問:

「解像度によって、どれくらいのファイル保存容量のスペースが必要ですか?」

回答:
「解像度ごとに、保存ファイル容量を計算する方法をご説明いたします。」
 
     
  一般的なA4サイズの用紙をスキャニングした例でご説明いたします。
A4サイズの紙の大きさは「210mm×297mm」です。

これをインチに換算いたします。
1インチは「約25.4mm」です。
すると
A4サイズの用紙は「 8.27インチ×11.7インチ」となります。

解像度は
dpi(ドット/インチ)で表現されます。
解像度「
200dpi」でスキャニングしたとします。

スキャニングによって得られる画素数を計算します。
ヨコ 8.27インチ×200dpi=1654ドット
タテ 11.7インチ×200dpi=2340ドット
1654ドット×2340ドット=3870360ドット
つまり、「
387万画素」になります。

保存形式「白黒2値モノクロ(テキスト)」の場合、白か黒で表現されますので「0か1」ですから1ビットとなり、
「387万ビット」です。コンピュータの単位は
1バイト(8ビット)ですから、「8で割り」ます。
よって、白黒2値での保存ファイル容量は「
483.7KB」となります。
この保存容量は画像を圧縮しないビットマップ形式(BMP)で保存した場合です。

グレースケールの場合、16階調で表現されますので一つの画素を「4ビット」で表現します。
「387万ビット」を
4倍します。「1548万ビット」です。それを1バイト(8ビット)で割ります
よって、グレースケールで保存した場合の保存ファイル容量は「1935KB」、
約1.9MBとなります(BMP形式の場合)。

256色カラーの場合、256階調で表現されますので一つの画素を「8ビット」で表現します。
「387万ビット」を
8倍します。「3096万ビット」です。それを1バイト(8ビット)で割ります
よって、256色カラーで保存した場合の保存ファイル容量は「3870KB」、
約3.8MBとなります(BMP形式の場合)。

フルカラー(16777216色)の場合=24bitカラーの場合、1677万階調で表現されますので一つの画素を「24ビット」で表現します。
「387万ビットを
24倍します。「9288万ビット」となります。それを1バイト(8ビット)で割ります
よって、24bitフルカラーで保存した場合の保存ファイル容量は「11610KB」、
約11.6MBとなります(BMP形式の場合)



 
 
  FAQ「5」でも掲載いたしましたが、
超高解像度 19200dpi”で広告販売されている「販売店様の”超高解像度19200dpi A3スキャナ”(Mustek ScanExpress A3 USB( 旧機種・販売終息品) A3スキャナ の仕様にはございません!)」 が実在したと仮定した場合、ファイル保存容量は次のようになります。

A4サイズの原稿を、”19200dpi”でスキャニングした場合、
ヨコ 8.27インチ×19200dpi=158784ドット
タテ 11.7インチ×19200dpi=224640ドット
158784ドット×224640ドット=3566923万画素(356.7億画素)となります。
スゴイ、超高解像度ですね!

いずれも「
A4サイズの原稿”1枚”」の保存ファイル容量です。
画像圧縮しない、ビットマップ形式(BMP)で保存した場合です。

白黒2値(テキスト)で保存した場合、保存ファイル容量は「
約 445MB
グレースケールで保存した場合の、保存ファイル容量は「
約 18GB
256色カラーで保存した場合の、保存ファイル容量は「
約 36GB
24bitフルカラーで保存した場合の、保存ファイル容量は「
約 107GB
いやはや、すごい容量ですね。
普通のパソコンではカラーA4原稿1枚も満足に保存できません

これがA3サイズなら、A4サイズ原稿の倍の面積ですから・・・
常識外のファイルサイズですね。